後発医薬品採用状況に関する調査手順

方法1(院内採用薬品のファイルを抽出できる場合)

貴施設にて採用している薬剤について、下記のいずれかの薬品コードを含むリストのファイル(Microsoft® Excel®ファイルまたはcsvファイル)を下のフォームから送信して下さい。

    必要な薬品コード(いずれか一つ)

  • 個別医薬品コード(YJコード)※厚労省コードではありません
  • HOT番号(9桁または13桁)
  • レセプト電算処理システムコード

※提供する情報は後発医薬品以外の採用情報を含んでいても問題ありません。
※厚労省コードでご提出されますと、結果が正しく出ない可能性がございます。

 

 

方法2(院内採用薬品のファイルの抽出ができない場合)

下記のファイルのうちいずれか1つをダウンロードし、貴施設で採用している薬剤の採用欄に「●」か「1」を入力したファイルを下のフォームから送信して下さい。過去の採用状況のファイルを利用し、新しい後発医薬品がリストにない場合は、リストの最下部に薬品名を追加して入力して下さい。

<過去に報告したことがあるご施設>

<過去3年間に報告したことがないご施設(初めて報告されるご施設を含む)>

 

ファイルの送付

下記のフォームに必要事項を入力し、ファイルを送信して下さい。

施設名称
担当者氏名
担当者メールアドレス
後発品のファイル

現在までに後発品の採用状況について情報提供して頂いた施設一覧

施設名
一般社団法人 永頼会 松山市民病院
JCHO宇和島病院
松山赤十字病院
市立大洲病院
済生会西条病院
喜多医師会病院
西条市民病院
西条道前病院
愛媛県立今治病院
済生会松山病院
宇和島徳洲会病院
松山笠置記念心臓血管病院
十全ユリノキ病院
南松山病院薬剤部
南高井病院
宇都宮病院
吉野病院
松山ベテル病院
木原病院
久米病院
愛媛県立中央病院
住友別子病院
西予市立野村病院
愛媛大学医学部附属病院