薬薬連携(やくやくれんけい)について

みなさんは薬薬連携(やくやくれんけい)という言葉をご存知でしょうか?

おそらく知らない方がほとんどだと思います。

 

病院や診療所の薬剤師と調剤薬局の薬剤師は、患者さんへ安全な薬物療法を継続して提供するために、お互いに連携してお薬の管理を行おうと努力しています。これを薬薬連携(やくやくれんけい)といいます。患者さんの薬物療法に関わる背景、副作用・アレルギー歴や服薬状況について連絡を取り合うことで、病院・診療所と調剤薬局が同じチームとなり薬物治療のサポートをしていくことができます。この場合、病院・診療所の薬剤師は、医療機関と調剤薬局との薬物治療についての橋渡し役となります。

 

愛媛県民の皆様が安心して薬物治療を受けて頂けるよう、今後も地域の調剤薬局と連携してより質の高い薬物療法を提供していきたいと考えています。