病院薬剤師とは

病院薬剤師とは

 

私たち病院薬剤師は、病院や診療所などの医療機関に勤務する薬剤師です。私たちは、病院診療所での薬剤師業務をつうじて、県民の皆様の健康増進、福祉の向上を目的とし日々の業務に努めております。

お薬は病気を治したり症状を和らげたりする効果がある反面、患者様にとっては害となる作用(副作用)が現れるリスクもあります。そういった副作用を最小限に抑えるよう、薬剤師はお薬の専門家として、医師が処方したお薬の用法や相互作用についてチェックを行っています。お薬をお渡しする際には必要な情報を提供し、患者様が十分納得したうえでお薬を服用できるよう、疑問や不明な点については丁寧にお答えするよう努めています。

また、患者様の状態に応じて、錠剤を粉砕したり、一包化したり、軟膏を混ぜたりするなどの工夫もしています。

このようなお薬が処方されてからお渡しするまでを調剤業務といいます。

調剤風景

病院薬剤師は調剤業務以外にも、病院内で様々な業務を行っていますので紹介します。

 

・注射調剤業務

図1

注射薬は血管内に直接投与されるので危険を伴う場合があります。薬剤師は注射薬についても投与量・相互作用・投与速度・投与期間などのチェックを行っています。また、注射薬の中には混ぜると変化する(配合変化)組み合わせがありますので、様々なデータから混ぜても安心かどうかの確認もしています。

 

・薬剤管理指導業務

入院されている患者様のベッドサイドに行き、患者様が納得されたうえでお薬を飲んでいただくよう、用法、作用、副作用について詳しく説明を行い、疑問点などにお答えしています。

 

・院内製剤業務

多彩な疾病・病態の患者様がいる状態では、市販されている薬の形では使用できない場合があります。その際、薬剤師は有効性、安全性を十分考慮したうえで薬剤を調製(院内製剤)し、患者様の状態にあった治療が行えるようサポートしています。

 

・薬剤の無菌調製

調製風景

高カロリー輸液(TPN)や抗がん剤など、衛生的かつ正確・安全に調製する必要がある薬剤について、薬剤師が専門的知識を生かして無菌調製を行っています。

 

・認定・専門薬剤師

現在、専門性が必要とされる以下の5つの領域で認定・専門薬剤師が設定されています。

感染制御認定薬剤師・専門薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師・専門薬剤師

精神科薬物療法認定薬剤師・専門薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師・専門薬剤師

妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師・専門薬剤師

この資格は各専門領域での実務経験や実績、一定期間の研修や講習で知識と技能を高め、試験に合格する事で認定されます。

各領域の薬物療法のエキスパートとして、「適正な薬物療法を提供する」ため、チーム医療の一員として貢献しています。